どすこい!BAMBI部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 一部を除き予想外に面白かった

<<   作成日時 : 2017/02/22 03:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

















☆芦沢央「罪の余白」(角川文庫)表紙

この本も敬愛するダンスイントラのUmezu先生にいただいた本の1冊。
4冊の藤堂比奈子シリーズのおまけみたいに付いてきた本だったけど、最後に読んだこれに一番ハマったかな。

動物行動心理学が専門で大学の講師をしている安藤聡の高校生の娘・加奈が学校の校舎から落ちて死んだ。
罰ゲームをしていて足を滑らせたのだが、そこに至る加奈の交友関係がつまびらかになってゆく。
ある日クラスメートがお焼香を上げに安藤家を訪れたのがきっかけで加奈の日記を見つけてから、安藤の犯人探しが始まる。
日記を読んで、安藤は加奈が自殺したと思い込んだのだ。
そこからの展開にドキドキした。
ただ、安藤の大学の後輩女性の人物設定に違和感があった。
人の気持ちを読めなくて社会的な適合性に自身で不安を感じる早苗、そんな人が大学の心理学の助教授になるなんてことがあるのだろうか。
日常会話にもろくに成立しない人間が他人の心理を分析できるのだろうか。
なぜそのような人物を配置したのか、そこだけが不可解だが、作品としては非常に面白かった。
Umezu先生に感謝。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一部を除き予想外に面白かった どすこい!BAMBI部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる