備忘録ですが戦後沖縄が日本に復帰するまでの物語

☆トム・プロジェクト「沖縄世(うちなーゆ)」チラシ表 ☆トム・プロジェクト「沖縄世(うちなーゆ)」チラシ裏 1月31日(金)に観劇。 池袋の東京芸術劇場シアターウエストにて。 濃厚なセリフ劇で知った、戦後から日本復帰直前までの沖縄の歴史。 信念の人、祖国復帰党リーダー・島袋亀太郎を下條アトムさん、そして女傑…
コメント:0

続きを読むread more

モルディブ・ダイビング・ツアーに向けて

☆モルディブ行きの荷物 ☆伊岡瞬「悪寒」(集英社文庫)表紙 土曜日から出かけるモルディブ。 水曜の昼には空港までの荷物、集荷完了。 キャセイ航空の預け荷物の重量制限は32kg、 小ぶりのスーツケース2個の総量は28Kg強なのでセーフだが、 モルディブで乗り換える国内線の重量制限は25kg。 前回もだったが、…
コメント:0

続きを読むread more

浮世絵の如く絵画的な舞台

☆てがみ座第16回公演「燦々」チラシ 東京撃術劇場シアターウエストで、てがみ座第16回公演「燦々」を観劇。 再演だが、キャストは大幅に違っていた。 北斎役の酒向さん、異様な存在感が素敵…と書いても、オッサンはSNSとかやってないだろうから読まないか。 いつの間にやら、すっかり怪優だ、凄いよ。 お栄役の前田亜季さん、自分…
コメント:0

続きを読むread more

「明日花」ならぬ「涙鼻」、日穏公演

☆日穏第13回公演 「明日花」チラシ表 ☆日穏第13回公演 「明日花」チラシ裏 日穏の第13回公演 「明日花」を下北沢の「劇」小劇場で。 再演。 岩瀬晶子さんワールドにグイグイ引き込まれる。 巻かれたタネが中盤から順々に花開いて、観ているこちらは「涙花」。 戦争が絡み、個人の思いではどうにもならない時代に生き、終…
コメント:0

続きを読むread more

2月恒例の企業による楽団の演奏会

☆演奏会チラシ ☆演奏会パンフレット キリン・フィルハーモニー管弦楽団 第9回定期演奏会へ。 杉並公会堂 大ホールにて。 メンデルスゾーン「フィガルの洞窟」 ブラームス「ハイドンの主題による変奏曲」 ベートーヴェン「交響曲第3番『英雄』」 ダイビング仲間の伊藤文月ちゃんがヴィオラで出演。 彼女のおかげで毎年こ…
コメント:0

続きを読むread more

ジェフリーよ、あなたは凄すぎる

☆ジェフリー・ディーヴァー「煽動者」(文春文庫・上巻) ☆ジェフリー・ディーヴァー「煽動者」(文春文庫・下巻) 久しぶりに読んだジェフリー・ディーヴァーは文庫で。 「煽動者」(文春文庫上下巻)。 キャサリン・ダンス・シリーズの過去3作は全て単行本で読んでいるが、重い本を持ち歩くのが億劫で近頃はひたすら文庫化を待つ…
コメント:0

続きを読むread more

昨年の記録メディアたち

まじんプロジェクト第4回公演「リヤの三人娘」本公演記録DVD まじんプロジェクト第4回公演「リヤの三人娘」スチール写真DVD 「西表島ダイビングツアー」動画DVD盤面 まじんプロジェクト第4回公演「リヤの三人娘」の上演DVD(アフタートーク含む)が仕上がり、いつもお願いしている業者さんから届けられたので、関係各位に…
コメント:0

続きを読むread more

やっと編集、2019年夏のバリ島ダイビング

バリ島・パダンバイの風景 友人用に編集したブルーレイ やっとの事で昨年のダイビングの記録を全て編集し終わった❗ 西パプア 西表島 そして今回のバリ島パダンバイ 。 ダイビングメインじゃないので、たった1日、2本しか潜ってない記録なので短いです。 5分40秒。 https://youtu.b…
コメント:0

続きを読むread more

元旦のディナー

元旦は関西からの友人と一緒に京王プラザホテルの中国料理「南園」で食事。 コース料理の一部と、単品で頼んだ北京ダックとピータン。 17時からちょい早のディナーでゲストは少な目でしたが、食事を終えた頃には、京プラの各飲食店の前には長蛇の列! 早めの帰宅後、新年早々、水中動…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年2020

★西パプア洋上にて ★2019年まじんプロジェクト第4回公演「リヤの三人娘」記念写真 明けましておめでとうございます 海に、舞台に、 新しい出会いと躍進がありますよう 本年もどうぞよろしく願いいたします
コメント:0

続きを読むread more

「みをつくし料理帖」にぞっこん!

TVドラマ「みをつくし料理帖」NHKHPより写真引用 待望の「みをつくし料理帖」 2017年にシリーズで放送されたドラマの「その後」が前後編二話で放送される。 原作:高田郁「みをつくし料理帖」、脚本:藤本友紀 このドラマが大好きで、シリーズ時の最終回録画はまだ消さずにとってあるくらいだ。 先週土曜に前編を観た。 切な…
コメント:0

続きを読むread more

恩田陸さんにハマっている

恩田陸「不連続の世界」(幻冬舎文庫)表紙 今年のM1は凄まじかったー! 「かまいたち」や「和牛」はわかるが、今まで名前を聞いたこともなかった漫才師を含めて全組高得点って!…いやぁ審査員泣かせの高レベルでしたね。 さて、恩田陸の「不連続の世界」(幻冬舎文庫)。 主人公・塚崎多聞がいく先々で経験する不可解な事象を扱ったラ…
コメント:0

続きを読むread more

人間を縛るもの

イマシバシノアヤウサ 『モジョ ミキボー』チラシ 『モジョ ミキボー』当日パンフ一部分 イマシバシノアヤウサ 『モジョ ミキボー』 をシアタートラムで。 Asakoさん、誘っていただき感謝です。 イギリスの劇作家の二人芝居なんて「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」以来かも…と思いながらユニットのHPを見…
コメント:0

続きを読むread more

恩田陸のSFに描かれた食えない日本政府の政策

恩田陸「錆びた太陽」(朝日文庫)表紙 恩田陸の「錆びた太陽」(朝日文庫)はSFだ。 超人、超能力、幽霊を扱った題材は読んだことがあったが、SFは初めてかも。 環境保護団体からの再三の原発廃止要望を聞き入れなかった日本は、団体によって見せしめとして国内の原発を全機破壊され、日本各地が放射能汚染されていた。 立ち入り制限…
コメント:0

続きを読むread more

出色だったが結末に不満

東京カンカンブラザーズ「百年目に咲く花のように」チラシ カーテンコールにて 東京カンカンブラザーズvol.18「百年目に咲く花のように〜彼と彼女の物語〜」を中野のポケットで。 幼馴染みの恋は成就するのか。 宮ちあきちゃんの芝居はいつも自然でいいなぁ。 石塚あつこさん、すっかりお母さん役が定着だね。 ダンち…
コメント:0

続きを読むread more

いろいろ破綻してる女をナチュラルに演じるってスゴイぞ!

張ち切れパンダ14かいめ「365度の人生」チラシ 終演後のカーテンコール模様(撮影許可あり) 張ち切れパンダ14かいめ「365度の人生」を下北沢B1で。 面白かったなぁ。 主人公に全く共感できなかったのに面白かった!(笑) 野放図、テキトー、だらしない、女として、いや人としてアカン主人公・原田七子(薩川朋子)は…
コメント:0

続きを読むread more

「勝手に火の子通信」vol.4

月に一回開催される「火の子研究会」の日。 「通信」が数ヶ月ぶりの更新でなんだが。 20世紀建築物の骨董品とも言える銀座一丁目にある奥野ビルにて。 最近は外国人観光客がよく訪れて写真を撮っている。 外装も内装も、このような形で残る戦前のビルは珍しいのだろう。 画廊のテナント率が異常に高いのもユニークな点だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

パーソナルトレーニングの成果

自宅からチャリで5分の場所にあるジムで毎週木曜の午後にパーソナル・トレーニングを受けている。 背中が丸くなってきてる❗😵 そう感じてから、積極的に取り組んでいる菱形筋のトレーニング。 肩甲骨周りの筋肉である。 数年前に出演した自主映画で観た自分の後ろ姿、 ダイビングのツアーで同室だった同年齢の女性の背中、 そ…
コメント:0

続きを読むread more

最近の読書3作まとめ

道尾秀介「笑うハーレキン」中公文庫・表紙 道尾秀介「スタフ」文春文庫・表紙 ピエール・ルメートル「わが母なるロージー」文春文庫・表紙 「笑うハーレキン」 道尾秀介は人間の心のシミを描かせたら上手いなぁ。 人は誰しも仮面を被って生きている、他人にも身内にも。そして自分自身にも。 「スタフ」(文春文…
コメント:0

続きを読むread more

西加奈子はとりあえず出たら読むのだ。

西加奈子「i アイ」(ポプラ文庫)表紙 宮﨑芋焼酎「杜氏・潤平」 西加奈子「i アイ」(ポプラ文庫)を読んだ。 本の腰巻に又吉直樹さんと中村文則さんの絶賛のお言葉… 私はそこまで感動しなかったけど、西加奈子らしい作品だ。 米人の父と日本人の母の元にシリアから来た養子のアイ。 裕福な家庭にもらわれたアイだが…
コメント:0

続きを読むread more