銀座の画廊へ

銀座の画廊「巷房」へ出かけた。 『吉江庄蔵展・境界を巡る襞-佇まい-』を鑑賞。 吉江さんは被膜彫刻という分野のアーティスト。 特殊な素材で生身の人間を包んで型取って創る作品。 型が柔らかいうちに様々に変形させたり着色したり… 型取りに協力してくれる人は、もれなく大変暑い思いをするそうである(;´Д`) 実際の作品は撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌の夜・備忘録です

写真は札幌市内の回転寿司チェーン店でのもの。 義母が絵画のグループ展に出展、 6/28、すでに先々週の金曜のことだが札幌へ出かけた。 数年前から始めた水彩画だが、正直なかなか上手だと思う。 見たままの風景をそのまま表現するのは難しいことだと思うのだが、 この人は、それができる人なのだ。 技巧のことはわからないけれど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大好きなダンス公演

座・高円寺2でコンテンポラリーダンス公演鑑賞。 ラ・ダンスコントラステの「eye」、 オスカー・ワイルドの童話「幸福な王子」をモチーフにした作品で、王子、つばめの他に物語には登場しない盲目の愛に生きる王女、天使、人間の感情(権力・嫉妬・哀しみ)を表現するダンサーたち8人での競演。 大好きなダンス団体なので、稽古や本番が被ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝麻陽子さん朗読会「くろん坊」

朝麻陽子さんの朗読公演、下北沢ピカイチにて岡本綺堂の「くろん坊」を聴く。 多忙でここ数週間、かなりの公演を見逃しているのだが、なんとか恩ある劇団の先輩・陽子さんの朗読会へ。 「くろん坊」は怖いというより切ない話だった。 ピカイチはカフェなので小さな空間とは言え、この回は観客全員が知り合いで、終演後も話に花が咲いた。 ところで陽子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜更けのたこ焼き

☆「ガチコのガチタコNight」にて供されたタコ焼き ガチコちゃんが西新宿のバーを借りて、だいたい月一で開催している『ガチコのガチタコNight 』に寄ってきた。 うちからチャリで20分。 井岡の4階級制覇のかかった試合を観てから行ったので、実はタコ焼きは売り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これぞ娯楽!リフレッシュ観劇v(´∀`*v)

☆熱海五郎一座『翔べないスペースマンと危険なシナリオ』-ギャグマゲドンmission-チラシ このところバタバタで、久しぶりの観劇。 不義理続きで観劇できてない公演の数々ですが、役者の皆様、ごめんなさい(;´∀`) その演目とは 「熱海五郎一座」『翔べないスペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アウトロー、いやギリセーフな家裁調査官

☆伊坂幸太郎「サブマリン」(講談社文庫)表紙 先日読んだ「チルドレン」の続編。 「チルドレン」は短編集だったが、こっちは長編。 家裁調査官・陣内が主軸だが、語り部は職場の後輩・武藤。 少年犯罪の罪と罰、繊細なメンタルを扱う物語には正直「これだ!」という解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「勝手に火の子通信」vol.3

☆「火の子」写真研究会ミーティング中 月一回集まって「火の子」のママ・育さんが生前残した写真を整理中。 私が個人的な仕事で忙殺されていたので掲載が遅れたが、この会合は5月26日に行われたもの。 前回4月のミーティングで課せられた課題を持ち寄って、資料写真の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界がゾンビ化、さてどうする?

☆羽田圭介「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」(講談社文庫)表紙 羽田圭介、尖ってるなぁ。 好きな作家だ。 「コンテクスト」は「文脈」の意。 ゾンビの文脈って何? ある日、渋谷のスクランブル交差点に現れた一体のゾンビ。 ゾンビ発祥の原因を主に作家の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝・前後開脚できました!

☆焼肉屋さんでお祝いしてもらう、の図 数年前から…もしかしたら10年くらい経つかも、だけどずっと言ってた。 「死ぬまでになんとか前後開脚できるようになりたい」と。 ジャズダンスのクラスで、インストラクターの梅津先生や、クラスのみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンベイザメ、撮れ高サイコー!

☆ジンベイザメ もうお腹いっぱいになるまでジンベイザメを見てきた。 ここはジンベエザメ最先端のWWF研究チームが「未成熟のジンベエザメ(主に雄)が100頭以上生息している」と報告している場所で、チェンデラワシ(極楽鳥)の生息が確認されている国立公園エリア。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無事帰国・通算800本超え

☆ツアー最終日に800本祝いの写真撮影、船のクルーさんに囲まれて ログブック見て、ツアー先で800本間近だと知った。 水中で記念写真撮ってもらおうと思ってたら、そればかりか最終日の船上でお祝いをしていただいた。 ありがたや。 私以外にも同じく800本、しかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからここへ行くのだ!

☆インドネシア領ニューギニア・チェンデラワシ湾(グーグル地図) 後6時間ほどしたら羽田空港に向かう。 インドネシア領ニューギニアへ。 寝ると起きられない気がして、眠らずに向かうのだ。 乗り換えが2回、つまり3回飛行機に乗るわけだが、空港ごとに時差が違うので、それが心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続編かったぞ&旅の準備

☆充電中の水中カメラ機材用バッテリー まずは伊坂幸太郎「チルドレン」の続編「サブマリン」を購入したぞ!っと。 で、ただいまは充電大会。 18日から出かけるダイビングツアーに備えて、あらかじめ水中カメラ機材のための充電。 現地に着い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続編も買わなきゃ!なのだ

☆伊坂幸太郎「チルドレン」(講談社文庫)表紙 5篇の短編集だが、表題の「チルドレン」は読んだことがあるような…。 かつて読んだ別の短編集に入ってたんだろうか…本棚探してみたが、蔵書が多すぎるのと数年前の引越しで、作家分類がバラバラになったせいで探しきれず確認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

航空会社の預け荷物重量制限

☆新旧スーツケース 今週末からインドネシア領のニューギニアでダイビング。 スーツケース写真は過去に使ってたハードタイプのGULLのスーツケース(左)と最近買った軽量タイプ。 当初、ガルーダのみの2回乗り継ぎ、ローカル線の預け荷物の重量も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読了・文庫化を待ってました

☆村上春樹「騎士団長殺し」第2部下巻(新潮文庫)表紙 今まで読んだ村上春樹氏の作品の中で最も先を急いで読みふけり、同時にいつまでも読み終わりたくなかった小説。 彼の作品は、この10年エッセイ以外は好んで読んでいる。 その前はエッセイも好きで読んでいたのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックな演劇!

☆理性的な変人たち vol.1「燃えるスタアのバラッド」チラシ 旗揚げ公演でした。 道玄坂にあるRUBY ROOM TOKYOというライブハウスで観劇。 70分と短めの公演だったが、見応えは十分。 女性ばかりのユニット。 メンバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初・生「吉本新喜劇」

☆『東京グランド花月』で前説する若手芸人「サンシャイン」さん 銀座ブロッサムで。 1000人収容、満席の劇場で爆笑の午後。 舞台写真は前説の「サンシャイン」さん。 「ミキ」「霜降り明星」「おいでやす小田」「テンダラー」「博多華丸・大吉」「トータル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒涛の観劇週、疲れたが名作揃いだった

☆RISU PRODUCE vol.22 20周年記念公演 第二弾「ゼロ番区」チラシ 赤坂レッドシアターで。 東京拘置所内にある死刑囚舎房に収監されている4人の死刑囚と刑務官たちの物語。 死刑囚の囚人番号はみな末尾が「0」だから通称ゼロ番区という。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more